松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

カンバーランド長老キリスト教会高座教会の松本雅弘牧師が毎朝配信しているメール「日々のみことば」のサイトです。

今朝のみことば

主イエスのもとに行く

「あなたがたは聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を調べているが、聖書は私について証しをするものだ。それなのに、あなたがたは、命を得るために私のもとに来ようとしない。」(ヨハネ5:39−40)
 今日の聖句は、聖書を本当に熱心に学んでいる人々に向かって語られたイエスさまの言葉です。この時、イエスさまは、「聖書が指し示す私のことをどこかにほっぽっておいて、聖書研究する過ちを犯しやすいのが、あなたがただ」と教えておられます。キリスト抜きの「聖書研究」、もっと言えば、イエスさまの御心抜きの「信仰生活」や「教会活動」が起こり得ることを警告されたのでしょう。  私たちには「やりたいこと」があります。祈りとは、その「私の願い」を実現するために神を思い通りに動かすための手段ではありません。 実は、聖書は、そうした私たちの願いを超え、主イエスがして欲しいと切に願っておられる御心があることを教えています。こうした「私の願い」と「主の御心」のぶつかり合いが、信仰生活における様々な葛藤として現れるように思います。  ある日、イエスさまが、ペトロとヤコブとヨハネを連れて高い山に登られた時に、そこにモーセとエリヤが現れて、イエスさまと話し合いをされました。弟子たちは、その光景を目の当たりにし、その恵みに圧倒されていました。そしてちょうどその時、天から、「これは私の子、選ばれた者。これに聞け」という御声があった、と聖書は伝えています。  私たちも、何か戸惑うような出来事、また辛い目に遭うことがあるかもしれません。そうした時に、この天からの神さまの御声、「これは私の子、選ばれた者。これに聞け」との御言葉に励まされ、本当の解決と命を得るために、イエスさまの導きを求めるように聖書の御言葉を慕い求めたいと思います。
 いってらっしゃい。
 牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/WDnZjb3PRduwduQJ8
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1