松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

カンバーランド長老キリスト教会高座教会の松本雅弘牧師が毎朝配信しているメール「日々のみことば」のサイトです。

今朝のみことば

あなたがいてくれてよかった!

「ところが、旅をしていたあるサマリア人は、その場所に来ると、その人を見て気の毒に思い、近寄って傷にオリーブ油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして、自分の家畜に乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。」(ルカ10:33−34)
 今日の箇所は「善きサマリア人の譬え」の一節ですが、ここに登場するサマリア人はイエスさまご自身のことを指し、旅人は私たちを指すと言われます。 この旅人は一から十までのことをサマリア人であるイエスさまにしてもらいました。優しく声をかけてもらい、痛む傷口に薬を塗ってもらい、包帯をしていただき、ロバに乗せられ、そして宿屋に着くと、今度、宿屋の主人と交渉する。それも全部、旅人である私のために真剣に交渉してくれているのです。 しかも、「費用がもっとかかったら、帰りがけに払いますから」とまで言ってくれた。もう、至れり尽くせりです。この譬え話を通して神さまが私をどれだけ愛し、どれだけのことをしてくださったかを、知るようにという意味で、この譬えを御語りくださったのです。 ところで、譬えに登場する律法学者は正しい答えを知っていましたが、その本当の意味を理解していませんでした。そこでイエスさまは、正しく答えた彼に対して、「正しい答えだ、それを実行しなさい」と言われました。 「自分を愛するように、隣人を愛しなさい」。言い換えれば、「神さまから自分がどれだけ愛され、大切にされているか、そのことを実感するところから始めなさい」と示しておられるのです。 神さまというお方は、「あなたがいてくれて本当によかった」と言ってくださるお方です。 「あなたは、私の目から見たら、本当に大事な存在なんですよ」と語りかけてくださるのです。これがイエスさまです。これが聖書の説くアガペの愛なのです。 ですから、このイエスさまに出会うことが、全ての始まりとなることを忘れないでくださいね。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/9evgJCh9dK7HtiNz6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1