松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

命を得させてください

「わたしの魂は塵に着いています。御言葉によって、命を得させてください。」 (詩編119:25)
日本からの駐在員の家族が住むニューヨークのマンションで、たまたま2人のご婦人がエレベーターに乗り合わせたそうです。 ボタンに近い方の人が「どちらですか」と訊いたというのです。すると、訊かれた方の人は「白百合です」と答えたそうです。
たぶん、訊いた方の人は、「何階のボタンを押しましょうか?」という意味で「どちらですか」と訊ねたと思います。 ところが、訊かれた方の人は、自分の出身学校の名を答えたというのです。
子どもたちが小さい頃、我が家でもこんな話がありました。近所のお友だちが遊びに来て喧嘩になりお父さん自慢が始まりました。 段々とエスカレートし、最後に、そのお友だちが、「家のお父さんなんて、キャンピングカーもっているんだよ」と言った途端に、勝負が決まったようです。 我が家の子どもたちは反論できず、黙ってしまったことがありました。  私たちは?自分の持ち物で自分の価値を確認します。より高いもの、希少価値のあるものを持っている人のほうがそうではない人よりも立派で?賞賛に値する。 したがって、心にエネルギーを必要とする人は、一生懸命そうするのです。  でも、そうしたことって、長続きするでしょうか?本当に、私の心のエネルギーになるでしょうか?
私たち人間は神さまから離れてしまいました。 本来、神の口から出る一つひとつの言葉によって生きると言われている人間が、その命の言葉を下さる神さまから離れてしまったために、結局、自分で自分を満たすしかしょうがなくなってしまったのです。 その結果、物や他人を利用して満たそうとするのです。  私たちの心には、神さましか満たすことの出来ない隙間があるのです。
今日も、神さまの御言葉であなたの心を満たしていただきましょう。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘