松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

お前がいてくれてよかった!

「民衆が皆洗礼を受け、イエスも洗礼を受けて祈っておられると、天が開け、聖霊が鳩のように目に見える姿でイエスの上に降って来た。
すると、『あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者』という声が天から聞こえた。」(ルカ3:21−22)

 神さまの子である恵みとは、あなたにとって、どのような恵みでしょうか?それは、あなたの存在そのものが神さまに喜ばれている、ということです。
 まぶしいような青ジャージ姿の、ある中学1年生が、部活を終えて夕礼拝に駆けつけてきました。まだ体力的にも小学生といくらも違わないでしょう。
なかなか3年生と一緒の部活の練習について行けない。疲れた体をおして夕礼拝にやって来る、間に合った、と安心して腰掛けた瞬間、睡魔に負け、熟睡してしまいました。
 夕礼拝が終わった後、頭をかきながら、そして恥ずかしそうに笑いながら、「眠っちゃった」と言って、家に帰っていきました。

 詩編103編13節に、「父がその子を憐れむように、主は主を畏れる人を憐れんでくださる」とありましたが、
父なる神さまは、その男の子の気持ち、彼の疲れ、彼の努力、そうした全てをご存知で、疲れた体を引きずるようにして出てきたことを、喜んで祝してくださっていることを思うのです。
 誤解を恐れずに言えば、たとえ眠ってしまったとしても、そこに駆けつけて来た彼に対して、「来てくれてよかった」、「お前が居てくれて嬉しい」と思われます。
神さまは、あなたの存在を喜んでくださっているのです。

 主イエスさまが洗礼を受けたときに、天が開け、「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という声が鳴り響いた。それと全く同じ語りかけを、神さまは、今日、あなたにも掛けておられるのです。
 その温かく力強い語り掛けを背に感じながら、今日の一日健やかに歩まれますように!

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘