松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

交わりのDNA

「神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された。」(創世記1:27)

 聖書の神は交わりの神さまです。父、子、聖霊なる3つのご人格をお持ちで、なおかつおひとりである神が聖書の三位一体の神さまです。
永遠の昔から父、子、聖霊の深い愛の交わりの中におられました。その交わりにあずからせるために神は私たちを「神のかたち」に似せて造られたのです。

 高座教会の小グループ活動の「教科書」ともいえる『小グループで教会は変わる』の中に、この「神のかたち」の意味について、こんな説明がありました。

「神は私たち人間の中に、人格的交わりを求めるという独特なDNAを組み込んでくださった。
神は私たち人間をこの『交わりの遺伝子』を持つものとして創造され、人間として生まれたものなら、誰もが生まれつきこの遺伝子を備えるものとして造られたのである。
この『関わりを持とうとするDNA』あるいは『交わりの遺伝子』は、なぜ教会に小グループが必要かということを説明してくれる。
人々は単に霊的な必要を満たすためだけに教会に来るのではない。彼らは、人格的交わりを持ちたいという内なる欲求に促されて教会に来るのである。
・・・教会が人々を相互の人格的交わりへと責任をもって導くことができるなら、似せられた神のご性質をはっきり現していることになる。
人間は神のかたちに似せて造られたからこそ、交わりを求めるのである。このことこそ、神のかたちに似せて造られたことが意味することなのである。」

 ある方は、「独りでできないことが2つある。それは結婚とクリスチャンであることだ」と語っていたことを思い出します。
 人は「交わりのDNA」を与えられているからこそ、主にある交わりの中で、初めて神さまが創られた人間らしく生きることが出来るのですね。
 あなたも小グループに参加してみませんか?

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘