松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

パウロの優しさ

「だから、主に結ばれている者として大いに歓迎してください。そして、彼のような人々を敬いなさい。」(フィリピ2:29)

 パウロはここで、大きな失敗をしたエパフロディトを優しい心をもって受け止めています。
 なぜパウロは、失敗し多くの人に迷惑をかけたエパフロディトに対してとことん優しい心で接することができたのでしょうか?
実はパウロ自身がエパフロディト同様、見事に失敗し、見事に的をはずした経験の持ち主だったからです。

 パウロはキリストを迫害しました。とことんやりました。しかし神さまは一方的に憐れんでくださり?愛してくださった。このパウロをとらえてくださったのです。
〈このようにがむしゃらで的外れの私自身が、結局キリストを十字架につけた〉ということをパウロは心の深いところで受け止めたのです。
 しかも、〈このような者にもかかわらず御子の命と引き換えにしても惜しくないと神はお考えになり、このような私をも、熱烈な愛をもって愛してくださっている〉ことをパウロは知ったのです。
パウロはキリストの愛に感動したのです。〈私が立ち直るためにと、キリストが全部の泥をかぶってくださった。それによって私は生かされた〉と知ったのです。

 イエスさまは言われました。「私はあなたがたを友と呼ぶ」。「あなたは高価で?尊い。私はあなたを愛している」と。
聖書を読む時、どの聖句もみな、もったいないほどのお言葉です。その極みがクリスマスであり、十字架です。
そこに現された眼差しをもってあなたを見つづけ、接しつづけておられる主の優しい眼差しの中にとどまりつづけることを通して、敗者復活が現実に起こり、エパフロディト同様?あなたも変えられていくのです。
 今日の主の眼差しを背中に感じ、信仰の道を健やかに歩んでいきましょう。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘