松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

わたしが与える水を飲みなさい

「イエスは答えて言われた。『この水を飲む者はだれでもまた渇く。しかし、わたしが与える水を飲む 者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。』」
(ヨハネ4:13−14)

 ヨハネ福音書4章に心渇いた女性が出てきます。彼女は、自分の渇きを癒すために、次々と男性を替えました。しかし、彼女の愛は求める愛でしたから、結局、男性の方も愛想をつかして、彼女を捨てていきました。
彼女は、6人目の男性と、それも、今度いつ捨てられるか分からない、というようなビクビクした状態の中で、同棲生活をしていたのです。この女性にイエスさまは言われました。

「わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る」(ヨハネ4:14)

 ある人が語っておりましたが、私たちの心は渇いています。しかしそれは、例えれば、洪水で私たちの周りに水がたくさんあるにもかかわらず、汚い水であって飲むことが出来ないような状態なのです。
 イエスさまは、こうした私たちに対して、私のところに戻ってきなさい。私のところに帰ってきなさい、と言うのです。
喉が渇き、そして、その喉の渇きを癒したいと思った時に、綺麗な滝が流れていた。私たちはその滝にコップを差し出さなければ、その水を自分のものとすることはできません。それが、イエスさまを信じるということです。
そして、そうした時に、少しずつ変わっていくのです。

 いま、私たちにこの水が必要です。イエスさまはこの水を私たちに与えようとして、招いておられるのです。このイエスさまの招きに、私たちは従っていきたいと思います。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘