松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

ピスガの頂に立たせられる経験

「モーセはモアブの平野からネボ山、すなわちエリコの向かいにあるピスガの山頂に登った。主はモーセに、すべての土地が見渡せるようにされた。」
(申命記34:1)

 今日の聖句は、モーセの最期を伝える御言葉です。
 ここでモーセは、信仰者として本当に恵まれた最期を迎えています。そして、こうしたモーセの経験は、私たちが天に召されていく前に、神さまが備えておられる恵みでもあると思うのです。
その恵みとは「ピスガの頂に立たせられる経験」です。言わば人生をもう一度、神さまの視点に立って総括する時間が与えられる恵みです。
 確かにモーセは約束の地に足を踏み入れることはできませんでした。
でもピスガの頂から約束の地を見せていただき、それが「あなたがたの子孫に与えるとわたしがアブラハム、イサク、ヤコブに誓った土地である」と語られる神さまの御言葉を通して、
神さまというお方は歴史を通して働かれるお方であることを改めて知らされていくのです。

 私たちの日々の生活には思いもかけないことが起こることがあります。心配の種は尽きません。不安や不満で一杯になることもあります。信仰者が損をしているような現実も経験します。
でもそのような時こそ、神の御前に独り静まり、1つひとつの出来事を神さまの視点に立って見ていくのです。
 人間的な見方で判断したら〈苦労してきたのにモーセもお気の毒に〉で終わってしまうでしょう。
でも、この時のモーセはちがいました。日常の雑然としたような出来事の中に神さまの整然とした秩序と御心を見ていったのです。ピスガの山頂に立つ経験とはそうした恵みを意味します。

 あなたは今、問題にぶつかっていませんか。あなたにとっても「ピスガの頂に立つこと」が必要なのではないでしょうか。
今日、しばらく時間をとって、神さまの視点からあなたの抱えている問題を見てみましょう。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘