松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

従順なる人

「主の天使が夢でヨセフに現れて言った。『起きて、子どもとその母親を連れて、エジプトに逃げ、わたしが告げるまで、そこにとどまっていなさい。ヘロデが、この子を探し出して殺そうとしている。』
ヨセフは起きて、夜のうちに幼子とその母を連れてエジプトへ去り、ヘロデが死ぬまでそこにいた。」 (マタイ2:13−15)

 ヨセフは、夜の明けるのも待たずに、眠っている家族を起こし、寝ぼけているロバに荷物を積んでヘブロンを通って南へ南へとエジプトを目指して旅立っていきました。
エジプトまでとなると、距離的には故郷ナザレからベツレヘムまでの2倍以上、比較にならないほど大変な旅だったと思います。しかし、彼はすぐさま立ち上がって、エジプトへ向かいました。
また、ヘロデが死んだ後、やはり天使が現れて、今度は、「起きて、子どもとその母親を連れ、イスラエルの地に行きなさい。この子の命をねらっていた者どもは、死んでしまった」というメッセージが語られました。
ここでも彼は立ってイスラエルに向かいました。「ナザレに行け」との天使の言葉にも、ヨセフは従順に従い、ナザレに行って、そこに住みつくことになりました。
 このように、主の天使が夢に現れ、ヨセフになすべきことを告げると、彼は、その命令に従順に応答し、マリアの夫として、そして何よりもイエス様の父親としての責任を果たして行ったことを見ることができるのです。
聖書の中にヨセフが登場するのはごく僅かです。多分、若くして召されていったのだと思います。ヨセフは、自分に託された本当に困難な役割を引き受けて行きました。
自分自身を生きるという彼自身の命の道を、不平も言わずに、黙々と引き受けていったのです。そのような姿に私は感銘を受けるのです。
さらに息子イエス様に対して、聖書で決められている通りに割礼を受けさせ、神殿に参り、親としての責任を果たしていきます。
こうした父親の姿は、何よりも、息子イエス様に大きな影響を与えていったことだと思うのです。イエス様が神様をお示しになる時、地上の「お父さん」という存在をもって「神様」を紹介されました。
それは、取りも直さず、地上の何者よりも父親ヨセフが、天の父なる神の義と愛を体現する者として、幼子イエス様、少年イエス様の目に映っていたからだろうと思うのです。
ヨセフは、当時の社会の中で出世した人物でも、英雄的存在でもありません。ごく普通の大工さん、私たちと同じような人でした。しかしヨセフは、導いて下さる神様に、その時、その時、従順に従って歩んでいったのです。
その結果、神様から喜ばれる者として生涯を全うすることができました。私たちも主の導きに従順に従って歩んでいきたいと願います。

 いってらっしゃい

 牧師 松本雅弘