松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

無理やりに十字架を担がされて

「そこへアレクサンドロとルフォスとの父でシモンというキレネ人が、田舎から出て来て通りかかったので、兵士たちはイエスの十字架を無理に担がせた。」
(マルコ15:21)

 群がる狼に向かって投げ渡された小羊そのままのイエスさま。神からも人からも捨てられてしまったかのように見えるイエスのおそばに付き添う者は一人もいませんでした。
 イエスさまを十字架にかけようとする一連の出来事、また、これまでイエスさまの存在を喜んでいた群衆の変わり身の早さに、弟子たちは恐れをなして姿を隠してしまっていたのです。
 誰の目にも、このままでは、イエスさまが自分の十字架を負ってゴルゴダの丘にまで上ることは不可能だろう、と分かるのですが、手を貸す者はありません。そこに、たまたま通りかかったのが「キレネ人シモン」でした。
人々は、このシモンという男にイエスの十字架を無理やりに背負わせて、ゴルゴタの丘までお供をさせたのです。
 この時のシモンは、自分から進んで《この役》を買って出たのではありません。全く突然、強いられるようにして主の十字架を負わせられました。
 シモンは、自分の前を、今は身軽になられて、ゆっくり、ゆっくりゴルゴタの丘に向かって歩まれるイエスという人の背中目がけて、「何で俺がお前の十字架を担がなきゃいけないんだ!」と、大きな声で怒鳴りたい気持ちだったのではないかと想像します。

 ところで、このシモンにはアレクサンドロとルフォスという息子がいました。実はこの2人、マルコ福音書が書かれた頃の教会で、誰もがその名を知るほどの主の働き人であったと言われています。
 十字架を無理やりに担がされたシモンが、クリスチャンとなり、その後、息子たちも主を信じる者として導かれていったことの証しだと言われています。

 主のなさる御業は本当に時に適って美しいと思いませんか!

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘