松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

したいことと、してほしいこと

「イエスはそれを許さないで、こう言われた。『自分の家に帰りなさい。そして身内の人に、主があなたを憐れみ、あなたにしてくださったことをことごとく知らせなさい。』」(マルコ5:19)

 私が導かれた教会は武蔵小金井にありました。自宅のある押上からは大分遠くにありましたが、当時は教会に行くのが楽しく、日曜日が待ち遠しい日々を過ごしていました。家に居れば両親から小言を言われることもあり、少しでも早く家を出て1人暮らしするのが夢でした。
 進学する大学も自宅から遠かったので、それを口実に、大学から通いやすい教会の近くに下宿したいと密かに願っていました。
ただ問題は両親です。経済的な理由からなかなか首を縦に振ってくれません。どのように説得したらよいかと、無い知恵を一生懸命絞りました。今から考えると、親の脛かじりなのに、本当に勝手なことばかり考えるものです。
 ただ一方で、果たして下宿することが御心なのかどうかということも心にかかっていました。正直、平安がありませんでした。

 そのような時、KGKの合宿に参加する機会があり、講師のN牧師がとても優しい穏やかな先生に見えましたので、思い切って先生に相談させていただきました。
というか、私の願いを後押ししてくださるお墨付きを先生からいただこうと思っていたのだと思います。
その時、私の話を聴かれた先生が最後に読んで聞かせて下さった御言葉が今朝の聖句だったのです。
「松本さん、あなた、楽な方を選んでません? ご家族に証しするために、神さまがあなたをお家に遣わしていませんか? 祈って考えてみてください。・・」

 「したいこと」を求めていた私に、主の「してほしいこと」が示された、忘れることのできない経験となりました。そこから成長が始まったように思います。あなたはいかがですか?

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘