松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

何に違和感を覚えますか?

「わたしは言った。『災いだ。わたしは滅ぼされる。わたしは汚れた唇の者。汚れた唇の民の中に住む者。しかも、わたしの目は/王なる万軍の主を仰ぎ見た。』」
(イザヤ6:5)

 紀元前750年頃、南ユダの王ウジヤが死んだ年、預言者イザヤは神を礼拝するために神殿に行きました。
「わたしは、高く天にある御座に主が座しておられるのを見た。衣の裾は神殿いっぱいに広がっていた。」とあるように、その時、主の幻を見たのです。
 聖書を読むと、主なる神さまと出会った人の多くが、自分の罪や汚れに気づかされる経験をすることが分かります。預言者イザヤもそのひとりでした。

 あなたは礼拝や御言葉と祈りの時を通して、神さまから罪や汚れを示されたことがありますか? また、そのような時、あなたは、神さまにどのように応答したでしょうか?
 生ける神さまとの出会いを経験した者は、以前と同じままの自分であり続けることは不可能である、とある人は語っていました。
 主なる神さまとの出会いを経験する時に、人は必ず変えられていきます。
 この時、預言者イザヤは、主なる神さまとの出会いを通して、彼が生きていた社会がいかに神さまの基準からかけ離れた状態にあったかを思い知らされました。
それと共に、その社会の中にどっぷりとつかっていた自分に気づかされました。
そうした中で、いつの間にか、聖書の価値観ではなく、この世の価値観を当然と思っている自分を知らされていきます。
そして深い悔い改めへと導かれていきました。

 あなたはテレビやマスコミの考え方に、何か違和感を覚えることはありませんか?
あるいは逆に、聖書の価値観に違和感を覚えるでしょうか?
 そのような違和感を覚えるとき、理由がどこにあるのか、一度、立ちどまって考えてみましょう。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘