松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

振り向くとき

「天使たちが、「婦人よ、なぜ泣いているのか」と言うと、マリアは言った。「わたしの主が取り去られました。どこに置かれているのか、わたしには分かりません。」こう言いながら後ろを振り向くと、イエスの立っておられるのが見えた。」
(ヨハネ20:13,14)

 マグダラのマリアは、復活のイエスさまと最初に出会った人物でした。
ペトロと一緒に墓に来てみたのですが、イエス様の死体は見つからず、マグダラのマリアだけが墓で泣いていました。墓にいた天使が尋ねると、マリアは天使に答え、彼女は後ろを振り向きました。するとそこにイエスさまが立っておられたのです。
この出来事は、きわめて象徴的な出来事のように思います。後ろを振り向く、今までの歩みと正反対の方向に復活の主がおられた、ということです。
聖書には「悔い改め」という言葉が出てきます。これはギリシャ語で「メタノイア」という言葉です。直訳すると「方向転換」という意味で、聖書の中では非常に大切な言葉です。
マリアにとっての復活のイエスさまとの出会い、それは、彼女の生きる姿勢そのものが根本的に変えられ、方向転換する出来事だったことを福音書は伝えようとしているのです。それは、まさに聖書の教える「悔い改め」の経験そのものでした。
 復活のイエスさまを知るということは、私たちの生活の延長線上にある出来事ではありません。聖書の言葉を通して語りかける神さまの御声に促され、私たちの生き方、あるいは生きる姿勢そのものを方向転換する出来事なのです。
 その結果、彼女の心の目が開かれていきました。そして、それがイエスさまであることを知ったのです。イエスさまを、墓の中に一生懸命探していたマリアでしたが、それまでの歩みの方向を転換したところに、復活の主が待ち受けておられたのです。
そこにマリアの新しい人生が開かれていきました。
「悔い改めて」、すなわち、私たちの今までの歩みの延長線上ではない、神さまの御言葉に導かれる新しい方向に歩み出すとき、そこで私たちは復活のイエスさまと出会うのです。
イエスさまにある新しい歩みが用意されているのです。そのことを覚えながら、今日一日を歩んでいきましょう

 いってらっしゃい

 牧師 松本雅弘