松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

十字架を見上げる時

「十字架の言葉は、滅んでいく者にとっては愚かなものですが、わたしたち救われる者には神の力です。」(1コリント1:18)

 アメリカの軍人であり、文学者であった、ルー・ウォーレスという人がいました。彼は無神論者で、人間を人生から逃避させると思えるキリスト教に対して怒っていました。
 ある時、彼は友人たちに対して、キリスト教を抹殺するために本を書く、と誓ったそうです。その後、何かに取り付かれたかのように研究を開始しました。
5年の間、イスラエルにも飛んだりして、ヨーロッパとアメリカの主要な大学で、死に物狂いで研究に没頭しました。
その彼が『キリスト教撲滅論』の第1章を書き終え、第2章に取り組んでいた、ある晩。突然、ペンを投げ出すと、彼は椅子から崩れ落ちて、そしてそこで跪き、そして「わが救い主よ。わが神よ」と祈ったそうです。
それまでずっと敵であったキリストに向かって、彼は「わが救い主よ、わが神よ」と叫び降参したのです。3日目に空っぽになったキリストの墓。その後、あの頼りない、おどおどしていた弟子たちの中に起こった逆転的大変化。いのちをかける宣教と殉教。
そうです。十字架と復活の事実がウォーレスの心を悩ませ続けたのでした。
 「父よ、彼らをお赦しください。彼らは、何をしているか自分でわからないのです!」
 十字架の上のキリストの叫びが、彼の心を捕らえて離さなかった。彼はキリストを救い主と告白し、クリスチャンになることを選びました。
そして、それまでの原稿を破り捨てると皆さんもご存じの、あの名作、『ベン・ハー』を書き上げました。彼は、本当にキリストを愛する者へと変えられていった。多く赦されていることを実感したからです。
 十字架を見上げる時、神の豊かな赦しの恵みをいただくことができます。
 今日の十字架の愛をもって、あなたは生かされていること、覚えていてくださいね。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘