松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

常識を覆して

「あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」(ルカ2:12)

 神さまは、クリスマスの喜びの知らせを、王や王に仕える人々に知らされたのではありません。軽蔑され、よそよそしい扱いを受けていた貧しい羊飼いたちに伝えたのです。
客間の外でイエスさまが誕生された、その知らせを、同じように客間の外に押し出されていた羊飼いたちに知らされていったのです。

「恐れるな。見よ、すべての民に与えられる大きな喜びを、あなたがたに伝える。今日、ダビデの町に、あなたがたのために救い主がお生まれになった。」

 さらに、驚かせたのは、この大きな喜びをもたらす救い主が、その身に帯びているしるしでした。
私たちが考えるような意味での栄光に満ちたお方としてではなくて、保護を必要とする、弱い存在として、おしめを人に替えてもらわなければならないような存在として生まれてこられたというのです。

 私たちの救い主は、私たち一人ひとりの救い主になろうとされ、私たちの常識を覆すかのように、飼葉桶におむつに包まれて眠る乳飲み子として、もっとも貧しい、弱い姿で、地上に来られました。
普通、救い主が来られたなら、その救い主は、救われる者よりも強いというのが、私たちの「常識」です。でも本当の救い主は違っていました。
それは最も弱く貧しい者でも安心して近づくことが出来るように、飼い葉桶の中に、それも赤ん坊として誕生してくださったのです。羊飼いを受け入れてくださった神さまです。羊飼いが近寄る事ができたイエスさまです。

 日曜日はクリスマス礼拝です。私たちもイエスの足元にひれ伏し、イエスさまをこのように礼拝できます事を感謝いたします。羊飼いのように、この喜びを分かち合っていきましょう。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘