松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

キリストの手紙

「あなたがたは、キリストがわたしたちを用いてお書きになった手紙として公にされています」(2コリント3:3)

 高校生の時、初めて教会に行きました。受験のプレッシャーから逃げ出したくて高校生のための特別集会に参加したのです。
その集会には不思議な温かさがありました。イエスさまがおられたからだと思います。牧師先生が聖書からメッセージをされました。
伝道映画も観ました。でも一番印象に残ったのは教会の高校生たちの存在でした。賛美し、司会をし、お祈りをしている彼らの姿。
そこで歌われた『豊かな人生の条件』というゴスペルは私の心をつかみました。

“豊かな人生の条件は、聖書のなかに/歴史の始まる以前から啓示されています。
まことの神をうやまい、罪を悔い改め/まごころ尽くしてキリストに、従うことです。
知識も名誉も財産も、はかないものです。/自分の努力や才能も、限りがあるでしょう。
まことの神をうやまい、罪を悔い改め/まごころ尽くしてキリストに、従うことです。”

 歌詞の意味を考えながら歌い終わると、心の重荷を受けとめてもらったような何とも言いようのない安心感がありました。
そして一生懸命歌っている同世代の高校生を見て〈僕とちがう。僕にない何かを持っている・・・〉と感じたのです。
それがきっかけで教会に通うようになり、イエスさまを信じてクリスチャンになりました。

 今、振り返ってみると、あの時の高校生が、私にキリストの福音のメッセージを伝える「キリストの手紙」になってくれたのですね。
新しい年が始まりました。今年も、「キリストの手紙」として神さまに用いていただいて一年をすごしましょう!

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘