松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

日ごとのマナを集めなさい

「見よ、わたしはあなたたちのために、天からパンを降らせる。民は出て行って、毎日必要な分だけを集める」(出エジプト記16:4)

 朝7時、テーブルの上に置き忘れられた家族の携帯が、こちらとそちらで鳴りました。「日々のみことば」メールが届いた知らせです。
昔、エジプトから脱出直後、イスラエルの民は主に向かってつぶやいたことがありました。
「我々はエジプトの国で、主の手にかかって、死んだ方がましだった。あのときは肉のたくさん入った鍋の前に座り、パンを腹いっぱい食べられたのに。あなたたちは我々をこの荒れ野に連れ出し、この全会衆を飢え死にさせようとしている。」
主はこれに対し、「見よ、わたしはあなたたちのために、天からパンを降らせる。民は出て行って、毎日必要な分だけを集める。」と約束し、その翌日からマナを降らせたのです。それが40年間、約束の地カナンに到着するまで、毎日続きました。
さて、「一日の分量だけのマナを集めるように」と主に言われたにもかかわらず、次の日の分まで多く集めた人が多く出ました。ところが、多く集めたマナは夜中に虫がつき臭くなって食べられなくなりました。
その教訓を生かし、「彼らは朝ごとにそれぞれ必要な分を集めた」と聖書は伝えています。

 私たちに必要なみことばの糧は、その日その日、主からいただくものなのですね。昨日の糧は、残念なことに、今日の信仰の歩みを支える糧にはなりません。今日を生きるために、今日いただく新鮮なみことばの糧が必要なのです。
主イエスも、「日ごとの糧を今日も与えてください」と祈るように教えてくださいました。その日その日に、体を養う糧とともに、あなたの心を守り育てるみことばの糧を祈り求めてください。
今年も「日々のみことば」メールが少しでも役に立てますようにと祈ります。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘