松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

主の導きの流れに任せる

「心を尽くして主に信頼し、自分の分別には頼らず、常に主を覚えてあなたの道を歩け。そうすれば主はあなたの道筋をまっすぐにしてくださる」(箴言3:5−6)

 星野富弘さんが小学生の頃、近くの渡良瀬川に、よく泳ぎに行ったそうです。
 ある日、いつもは穏やかに流れている川が、夜半に降った雨のせいで勢いよく流れていました。兄さんたちは流れを乗り越えて向こうの岸へと泳ぐのですが、小さな富弘さんは自信がなく、浅瀬で水遊びをしていました。
ところが気がつくと、いつの間にか川の中ほどに居る自分に気づき、あっという間に足を取られてしまったのです。慌てて戻ろうとしますが、流れが速く、戻ることが出来ません。
焦れば焦るほど、逆に押し流されてしまったのです。そして、〈もうだめだ、死ぬ〉と思った時、ふと頭に浮かんだことがありました。
それは渡良瀬川には深いところもあるが、そのほとんどは浅いところばかりだ、ということ。
〈そうだ、もと居た方に戻るのではなく、このまま流されていれば、きっと浅いところへたどり着く〉。そのようにして、無事に浅瀬にたどり着いたそうです。
「何もあそこに、戻らなくてもいいじゃないか・・・流されている私に、今できる一番よいことをすればいいんだ。
そのころから、私は歩けない足と動かない手と向き合って、歯を食いしばりながら一日一日を送るのではなく、むしろ動かない身体から、教えられながら生活しようという気持ちになったのである」と星野さんは『風の旅』に書いています。

 新しい年の歩みも、主の導きの「流れ」に任せましょう。あなたを覚え、あなたの道筋を常にまっすぐにしてくださるお方が主なる神さまですから。

 今日の一日、主の恵みがあなたをすっぽりと包み、運んでくださいますように。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘