松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

ピスガの頂に立つ経験

「モーセはモアブの平野からネボ山、すなわちエリコの向かいにあるピスガの山頂に登った。主はモーセに、すべての土地が見渡せるようにされた。」(申命記34:1)

 聖書は、モーセが、本当に恵まれた最期を迎えたことを伝えています。
 その時、神さまはモーセをピスガの頂に導かれ、今まで歩んできた人生をもう一度、神さまの視点に立って総括する時間を与えられたのです。
 確かに、約束の地に足を踏み入れることはできませんでしたが、ピスガの頂から約束の地を見せていただき、「あなたがたの子孫に与えるとわたしがアブラハム、イサク、ヤコブに誓った土地である」という御声を聴きながら、
数百年たった今、御心が実現しようとしており、まさに神が、歴史を通して働かれるお方であることをピスガ山頂において改めて思わされたのです。

 人間的な見方からすれば〈ここまで苦労してきたのに、モーセもお気の毒に〉で終わったかもしれませんが、この時の彼は違っていました。
雑然としか見えない出来事の中に神さまの整然とした秩序と御心を見る機会をいただけたのです。ピスガの頂に立つ経験とはそうした恵みを意味します。

 よくお話しますが、日常的な様々な出来事を経験するときに〈何故?〉と思うような出来事に遭遇します。ちょうど絨毯の裏側から模様を見ているように感じます。
1つひとつの糸がどのように織り成され、その結果、どのような絵柄が浮かび上がるのか何も分かりません。1つひとつの労苦が無駄であるかのような、また理不尽であるかのように思うこともあります。
でも、主の御前に静まり、御言葉に導かれながら、絨毯を表の方向から見るように導かれていく。〈あの出来事と、この出来事が、実はこういう風につながっていたのか〉という私の理解や想像を超えた、神さまの愛の御心の深さに驚かされるのです。
 これこそ、ピスガの頂に立つ経験なのです。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘