松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

先行する恵み

「『あなたたちは見た わたしがエジプト人にしたこと また、あなたたちを鷲の翼に乗せて わたしのもとに連れて来たことを。今、もしわたしの声に聞き従い わたしの契約を守るならば あなたたちはすべての民の間にあって わたしの宝となる。・・』
・・『わたしは主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である。あなたには、わたしをおいてほかに神があってはならない。・・』」(出エジプト19:4−5、20:2−3)

 「旧約聖書の神さまと新約聖書の神さまはちがう。旧約の神は義の神で、新約の神は愛の神だから」という言葉を聞いたことがありますが、これは大きな間違いです。
旧約聖書の神も新約聖書の神も、同じ神さまです。義であると共に、恵み深い愛のお方です。
 確かに聖書を見ますと「〜してはならない」とか「〜しなさい」という戒めの言葉がたくさん出て来ます。そうした聖句は、時々、堅苦しさを与えることがあります。
でも、そうした言葉を前後の文脈の中で読む時に、必ず1つのことに出くわします。それは常に「神さまの恵みが先行している」ということです。
 実は、今日の御言葉は、モーセを通してイスラエルに十戒をお授けになる直前に主なる神さまによって語られたものです。十戒が付与される前に「出エジプト」という恵みの出来事があったことを、神さまはイスラエルの民に伝えているのです。
 すなわち、奴隷であった人々が、「出エジプト」という救いの恵みによって神の選びの民とされたのです。そのような恵みの選びを経験し、聖なる神の民と呼ばれるようになったからには、その神の民と呼ばれるにふさわしい生き方があるはずです。
それを表現したものが十戒であり、聖書に出てくる様々な勧めの言葉なのです。
 救いの恵みがあって、次に救われた者としての生き方が続きます。この順序を間違えないでくださいね。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘