松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

共におられるイエスさま

「母マリアはヨセフと婚約していたが、二人が一緒になる前に、聖霊によって身ごもっていることが明らかになった。夫ヨセフは正しい人であったので、・・ひそかに縁を切ろうと決心した。
・・主の天使が夢に現れて言った。『ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。
この子は自分の民を罪から救うからである。』このすべてのことが起こったのは、主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった。『見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。
その名はインマヌエルと呼ばれる。』この名は、『神は我々と共におられる』という意味である。ヨセフは眠りから覚めると、主の天使が命じたとおり、妻を迎え入れ、男の子が生まれるまでマリアと関係することはなかった。
そして、その子をイエスと名付けた。」
(マタイ1:18−25)

 よくよく考えてみれば、神の子が人となり、人として生きられたということは、本当に不思議なことですね。
 イエスさまの誕生、大工としての生活、最後には十字架の上での死と復活というご生涯は、誰も思いつかないような出来事の連続だったと思います。
 実は、神の子であるイエスさまが人類の歴史の中に介入された不思議さと同じくらいに不思議なことが起こっているのです。それは、そのイエスさまが、あなた個人の人生にも深く介入してくださっているという現実です。
 聖書はイエスさまが「インマヌエル(神は我々と共におられる)」と呼ばれるお方だと預言しています。この事実は、今日のあなたにとってどんな意味があるでしょう?
 イエスさまが、今日もあなたの職場、あなたの学校、そしてあなたの家庭に、あなたと一緒にいてくださる、という約束なのです。あなたは、今、イエスさまが一緒にいて下さること、感じていますか?

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘