松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

神とのパイプを太く

「わたしたちが見、また聞いたことを、あなたがたにも伝えるのは、あなたがたもわたしたちとの交わりを持つようになるためです。わたしたちの交わりは、御父と御子イエス・キリストとの交わりです。」(1ヨハネ1:3)

 人間は神との交わりを必要とする者であり、同時に人との交わりの中で人間らしく生きるように創られています。
 ところが罪によって神さまとの関係がズレてしまい、自分をそのままで受け入れることが困難になり、人間関係においても相手を信頼し、ありのままの自分を委ねることが難しくなりました。
〈私のことを知ったら、私を嫌うだろう〉と思い、人間関係には常に不信感や警戒心が付きまとうものとなってしまいました。その象徴が、アダムとエバが腰に巻いたイチジクの葉っぱでしょう。
 救いとは回復ですから、最初のヨジレをほぐすところから全てが始まります。つまり、神さまと和解し、次第に自分自身と和解し、さらに周囲との和解が始まります。
今まで神さまから離れて生きていましたから、心の奥底に渇きを覚えていました。その渇きを埋めるために利用する、そのような人間関係しか築くことができなかった私が、命の源である神さまにつながることによって、やっと心の渇きが癒されます。
その結果、落ち着いて人間関係を築くことが可能になるのです。それがクリスチャン生活の恵みです。
 ですから、より良い人間関係を持とうと思えば、まず神さまとのパイプを太くして、その交わりの中で、神さまの前にありのままに受け入れられ、愛されていることを深く知っていくことです。
そして、その神さまに愛されている自らを、今度は恵みの中で受け入れ、感謝していきます。そうすることによって、不思議と、人との競争心もやわらぎ、むしろ、人の善さを認め、弱さをいたわる私へと変えられていきます。
感謝と祈りから、それがスタートしている、ということです。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘