松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

神の家族

「あなたがたは・・神の家族であり」(エフェソ2:19)

 高座教会には4世代が集まっています。今の社会では核家族化が進み、お正月や特別な機会を別にして4世代の人たちが共に集うことなど不可能ですね。
若い世代は意識しなければ、なかなかお祖父ちゃんやお祖母ちゃんの世代の人と交わることもないのではないでしょうか。

 でも教会は別です。

 わたしは学生の頃、東京下町の教会に通っていました。
 ある日曜日、礼拝の後、80歳を過ぎたお歳のH姉が、献身のことで悩んでいた私の話を聴いてくださったのです。
「松本さん、もしおん出されたら家にいらっしゃい。布団を用意して待っているから。イエス様がついているし、私もついているから大丈夫。」
と励ましてくださり、祈ってくださったのです。
 H姉は戦中からの筋金入りのクリスチャンです。神さまを信じてきたのですが家族が誰も救われない。
魚の行商などしながら家計を支えて来たのに、長男や孫に嫁が来たら、今まであれだけよくしてきた自分に冷たくなってきた。
そのように証ししてはいつも涙を流していました。
 ですから「松本さん、もしおん出されたら、家にいらっしゃい。布団を用意して待っているから」と言ってくださっても、それが非現実的なことは百も承知していました。
 でも、そう言ってくださる気持ちが嬉しかった。公園のベンチで涙を流して祈ってくださるH姉との世代を超えた交わりは本当に有難いものでした。
教会外では有り得ないことが、主の恵みの中で起こるのです。

 私たちは「4世代が喜び集う教会」を祈り求めています。この時代、社会が失いかけている世代間の交わりが、キリストにあって回復される。
そのような意味で、「4世代が喜び集う教会」の存在自体が、周囲の方々に対してチャレンジとなり、証しとなることだと思ませんか?

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘