松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

あなたを選ぶ主なる神

「主は言われた。『わたしが行おうとしていることをアブラハムに隠す必要があろうか。』」(創世記18:17)

 今日の聖句は、主なる神さまが「わたしが行おうとしていることをアブラハムに隠す必要があろうか」と自問されたことを伝えています。
 では何故、自問されたのでしょうか。それは、以前、アブラハムと交わした約束のためでした。彼を大いなる強い国民にし、世界のすべての国民を彼によって祝福するために、アブラハムを選んだからです。

 ところで「選ぶ」とは「知る」とも訳せる言葉です。「親しい間柄となるべく選ぶ」という意味です。
創世記に「アダムはエバを知った」とありますが、まさに結婚関係を表す言葉、「好きになる」こと以上に1つの決意、約束を伴う「愛する」という意味のある言葉です。
 つまり自分がアブラハムを知り、彼と人生の伴侶としての契りを結んだ。そのような彼に対して自分の計画を明かさずに事を起こしてよいだろうか、と自問なさるのですね。
 神さまは神さまですから、お決めになったことを誰にも相談せずに好きなように、好きな時になさってもかまわない。それも神さまは全知全能ですから、最高のタイミングで最高の結果をもたらすはずです。
 でもあなたを愛する神さまは、あえて、ご自分が当事者となって結ばれた恵みの契約に自らを拘束なさるお方です。
愛の信頼関係の中にご自分を置かれて、本当に被造物に過ぎないようなアブラハム、そして私たちに対して、「わたしのしようとすることを隠しておいてよいだろうか」と自問されるくらい、
被造物扱いなさったり子ども扱いなさったりするのではなく、「神のかたち」に似せて造られた責任主体として真剣に向き合ってくださり、その中であなたを成熟へと一歩一歩導いてくださるお方であることを改めて知らされるのです。

 神さまって本当に素晴らしいお方だと思いませんか!

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘