松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

わたしも良い方を選ぶ

「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」(ルカ10:41−42)

 ある時、イエスさまは弟子たちを引き連れてエルサレム近くのベタニヤにあるマルタとマリアの姉妹の家を訪れました。迎えたマルタとマリアの姉妹は、一生懸命、料理しました。
 ところが、マルタが急にイライラしてきたのです。忙しくなってきたからです。
そんな時に、今まで一緒になって立ち働いていた妹のマリアが台所から姿を消し、イエスさまの膝元に座って話に聞き入っている姿が目に飛び込んできたのです。
怒ったマルタはイエスさまに食ってかかりました。

 「主よ、わたしの姉妹はわたしだけにもてなしをさせていますが、何ともお思いになりませんか。手伝ってくれるようにおっしゃってください。
イエスさまもイエスさまです。こんな忙しいのに、妹に何か言ってやってください!」と怒ったのですね。
くつろいだ雰囲気は一気に消され、イエスさまも、そしてイエスさまの一行もいたたまれない思いになったのではないかと思います。

 こうしたマルタに対して語られた言葉が今日の聖句です。そして、この御言葉が語られた結果、ある意味でマルタは、岐路に立たされたと思います。
 つまり、マリアやイエスさまに対してイライラした態度を選択するのか、それとも台所での働きを中断し、マリアの隣でマリアと同じように「良い方」を選ぶのか・・?
 私たちの人生には、そうしたどちらを選ぶことも出来る選択の自由が与えられているのですね。あなたは、今、選択をすべき岐路に立たされていませんか? あなたは、どちらを選びますか?

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘