松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

キリストから教えられる

「キリストに結ばれて教えられ・・」(エフェソ4:21)

 私にとって忘れることの出来ない信仰の経験があります。
 大学1年生の時に、キリスト者学生会で「聖書の読み方」の訓練会がありました。
アメリカ人の主事が、本当に丁寧に、手取り足取り導いてくださったのですが、その時に「何がかかれているか(観察)」、「それはどういう意味か(解釈)」、そして最後に、「今の私にとって何を意味しているか(適用)」という3つのステップを踏んで聖書を読む訓練を受けました。
あの時に学んだことは、牧師になった今でも有効です。

 ところで、学生時代、その主事から他にもたくさんのことを学びました。
 ある時、「どこで、誰から学んだのですか」と主事に訊ねたことがあります。当時、献身を考えていた私は、その主事の出身神学校を知りたいと思ったからです。
 すると主事は、一呼吸置いて、「私はイエスさまから学びました」と答えられました。
 その答えに何か不思議な衝撃が強く私の体を走り抜けていく感じがしました。それは、ちょうど今、その主事から教えを受けているのが、イエスさまに直接お会いして、イエスさまから学んでいるかのようでした。
主事とイエスさまとの交わりが本当にリアルなものであることがよく伝わってきて、「私も、そうしたイエスさまとの親しい交わりをいただきたい」と真剣に思うきっかけになりました。

 よく「キリストを知る」ということと「キリストについて知る」の間には、大きなギャップがあると言われます。
「キリストについて」と言う場合、そこでは、あいだに人を介してもいいかもしれませんが、パウロが、エフェソの手紙の中で「キリストに結ばれて教えられ」と言った場合、それは、キリストとの個人的で親しい関係がなければできないことです。

 キリストに結ばれ、キリストから直接聴く機会をたくさん持ちたいものですね。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘