松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

数えよ、主の恵み

「見よ、イスラエルを見守られる方は/まどろむことなく、眠ることもない。/主はあなたを見守る方/あなたを覆う陰、あなたの右にいます方。
 昼、太陽はあなたを撃つことがなく/夜、月もあなたを撃つことがない。/主がすべての災いを遠ざけて/あなたを見守り/あなたの魂を見守ってくださるように。
 あなたの出で立つのも帰るのも/主が見守ってくださるように。/今も、そしてとこしえに。」(詩編121:4−8)

 私は小さい頃からしょっちゅう熱を出して学校を休むような体の弱い子どもでした。今は、皆さんの祈りに支えられ、あまり風邪をひかなくなりました。
それでも病気になって床についている時など、改めて健康のありがたさを覚えることがあります。

 いつの間にか何でも当たり前になってしまっている自分に気付き、ハッとさせられるのです。
 当たり前のように起きて、当たり前のように一日を過ごし、当たり前のように夜を迎える。
しかし、今日の詩編の作者は、信仰の目をもって、この「当たり前」の背後に神さまの守りの御手があることを、見ています。
 《当たり前》というのは恐ろしいものですね。恵みだったことが、いつしか不満の原因になることさえあります。
ですから、この作者は、「あなたを見守り」と祈った後に、「あなたの魂を見守ってくださるように」と、心の中心であり、神さまの御言葉を受け止める「魂」が守られるように、と祈っているのだと思うのです。

 このような視点をもって、日常生活を見渡すと様々な恵みに溢れていることに気付きます。そして、その信仰の目を神さまに向ける時、最大の恵みのプレゼントであるイエスさまと出会うのです。
 ところで、今日、あなたの周りに、どんな恵みが用意されていますか?
 それらを1つひとつ捜してみてください。そのようにして、あなたの心が、感謝と喜びで満たされますようにと祈ります。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘