松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

聖書 ― 子育てのバイブル

「聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。」(2テモテ3:16)

 みどり幼稚園では、子どもをそのままで受け入れることを奨励しています。そうした時、「では、しつけはどうするのですか?」と質問を受けることがあります。
 漢和辞典には「しつける」という語を調べると「躾ける」と「仕付ける」の2つの漢字が出てきます。
「躾ける」という方は和製漢字だそうです。「見た目に美しく」をゴールとする「しつけ」方です。
「そんなことをしていたら、○○ちゃんに笑われますよ」と言って、周りの目をもって子どもの行動を律する「しつけ」です。

 これに対して、聖書は別の「しつけ」方を教えます。それを英語では「ディスプリン」と言いますが、「訓練」とも訳せる語で「弟子(ディサイプル)」と関係した言葉です。
弟子とは主人の教えの通りに生きる人です。ですから、その「しつけ」のゴールは主の弟子にすること。当然、間違ったことをすれば叱り、諭します。
そして、素晴らしいことを見つけては、積極的にほめるのです。

 あるクリスチャンの教育者が語っています。「子育ての原則は2つだけ。第1に、何が正しいか何が正しくないかを分かるように教えること。第2に、正しくないことをすればきちんとしかること。」
同じことをしても、その時の気分で許されたり叱られたりしたら、子どもの方は混乱します。また両親の考えの基準がちがっても困ります。

 では、どうしたらよいでしょうか? 永遠に変わることのない聖書を、基準とすることです。聖書は、人が見ていても見ていなくても、その子が歩むべき道筋をはっきりと示してくれます。
聖書を通して語る神さまが、あなたと愛する家族を守られるからです。

 今日の1日、聖書の言葉の光に照らされ、健やかに歩まれますように。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘