松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

クリスマスの思い出

「乾いたパンの一片しかなくとも平安があれば いけにえの肉で家を満たして争うよりよい」(箴言17:1)

 高校生の時、ホームステイでベイリーさんのお宅にお世話になりました。
 家庭はあまり裕福ではありませんでしたが、温かい家庭でした。思春期の男の子4人、毎日、泣いたり、笑ったり、怒ったり、そうした家族の輪の中に私を迎えてくれました。
 今でも忘れられない思い出があります。
 アドベントに入り、居間にクリスマス・ツリーが飾られました。ツリーの下には日ごとにプレゼントが増えていくのです。
 ある日、誰もいない居間に入ってプレゼントの包みを確認したところ、私の名前のついた包みは1つもありませんでした。分かっていたことでしたが、多少がっかりしました。

 クリスマスの日の朝、子どもたちが居間に集まり、母がプレゼントを取り出し名前を読み上げ、父からプレゼントを手渡すのです。すでにプレゼントがないことを知っていた私は、その時、きわめて冷静でした。
 ところが、母が私の名を読み上げ、父から赤い包みが渡されたのです。一気に冷静さからむしろ期待感に変わりました。すると、また私の名が呼ばれ、プレゼントが手渡されました。
何度も名が呼ばれ、終わる頃には幾つものプレゼントを貰っていたのです。
 その家では貰ったプレゼントをベッドに並べ記念に写真を撮るのが習慣でした。私もそうしました。
 写真を撮った後、誰が贈り主だろう、と包みに書かれた筆跡を見た途端に、今までの嬉しさから一転、申し訳なさで一杯になったのです。全て母の筆跡でした。
家計のやりくりで大変な母が、こんなにたくさんのプレゼントをくださった。兄弟たちとのバランスを考え、必要なものを買い揃えてくれたのです。
すると申し訳ない気持ちが次第に喜びに変わってきました。ベイリーさんの家庭はクリスチャンホームでした。
 彼らはほんとうの幸せ、豊かさを私に教えてくれたように思います。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘