松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

ぶどう園の中の1本のいちじくの木

「園丁は答えた。『御主人様、今年もこのままにしておいてください。木の周りを掘って、肥やしをやってみます。そうすれば、来年は実がなるかもしれません。
もしそれでもだめなら、切り倒してください。』」(ルカ福音書13:8−9)

 ある時、イエスさまは、私たちのことを、いちじくの木やぶどう園のぶどうの木に譬えてお話をされました。
 ぶどう畑にたった1本のいちじくの木がありました。いちじくはたった1人です。どちらを向いても皆、ぶどうの木ばかり。
ですから、自分と同じ者は1人もいません。
 当然、ぶどう園の主人も、ぶどうを育てたくて手入れをしているわけです。

 ところが、このいちじくは、いちじくですから、周囲のぶどうの木のように、園の主人が期待しているように「ぶどうの実」を実らせることはできないのです。
その結果、いちじくの木は切り倒されそうになってしまいました。
 その時に主人に執り成した園丁がいました。その園丁が語った言葉が今朝の聖句です。
 園丁は「もう一年待ちましょう」と提案しています。そうした上で、園丁は、いちじくの成長を信じ、期待し、待ったのです。
でも「待つ」と言っても、何もせずにじっとしていたのではなく、一年間手入れをしました。
 具体的には、木の周囲を堀り、肥やしをまきました。人間に置き換えれば、愛情でしょう。そしてその愛情は伝わらなくては何にもなりません。
ですから、木の周囲を掘って、雨が降っても、きちんと根っこのところに肥やしがゆくようにしてあります。

 実は、このように神さまは私たちが神の子として成長するように信じ、期待し、待ち、そして無条件の愛が私の魂にしっかりと行き届くように、溝を掘り、肥やしをまいてくださるお方なのです。
 このような神さまの愛に守られて、私たちは本来の自分自身を取り戻していくのですね。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘