松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

誰が隣人になったか

「だれが・・・隣人になったと思うか」(ルカ10:36)

 ある時、律法の専門家がイエスさまに「私の隣人とは誰ですか」と訊ねました。それを受けたイエスさまは有名な「善きサマリヤ人の譬え」のお話をされたのです。
エリコ街道で追いはぎに襲われた人がいました。彼は瀕死の重傷を負いました。そこに祭司やレビ人がやって来て、見て見ぬ振りをしてその人の横を通り過ぎていきました。
すると、あるサマリヤ人が通りかかり、その人を見て憐れに思い、傷に油とぶどう酒をそそぎ、包帯をしてロバに乗せ宿屋に連れていきました。そして介抱をしたのです。
さらにまた宿賃までも支払ったというのです。イエスさまはこのような譬え話を御語りになった後、先ほどの律法の専門家に対して「誰が隣人になったと思うか」と訊ねたのです。
きっかけとなった質問は「私の隣人とは誰ですか」というものです。しかしイエスさまはこれに答えず、逆に「誰が隣人になったか」と質問者に問うているのです。

 ところで、よく日本人は「内と外」という考え方をすると言われます。その結果、内輪の人は隣人かもしれませんが、外部の人は隣人とは受けとめないこともあり得ます。
でも、それに対してイエスさまは「誰が隣人になったか」とチャレンジを与えておられるように思います。

 「私の隣人とは誰ですか」を超えて、「誰が隣人になったか」をイエスさまに問われ、「行ってあなたもそのようにしなさい」と言われるイエスさまに応えて生きていきましょう。
必要なときには、自らを差し出す隣人にさせていただきたいと思います。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘