松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

祈り―神と共にいる経験

「あなたの庭で過ごす一日は千日にまさる恵みです。主に逆らう者の天幕で長らえるよりは/わたしの神の家の門口に立っているのを選びます。」
(詩編84:11)

 神学校の恩師が詩編研究のクラスで「詩編信仰の極みは神とのロマンスにある」と語った言葉を今でも忘れることが出来ません。
詩編は祈りの言葉に満ちていますが、その祈りの究極は神さまとの愛の関係を喜ぶことにあるというのです。

 例えば若いカップルのことを想像してみてください。デートの時に、その2人はどこか楽しいところに行き、素敵なレストランでおいしい食事をし、色々なお話をすることでしょう。
でもよくよく考えてみると、こうした2人にとって、どこへ行くか、何を食べるか、どんな話をするか以前に2人が共にいること自体が何よりも楽しいことなのです。

 これは祈りにも当てはまるのではないでしょうか。愛する神さまがあなたのことを大切に思ってくださっている。あなたと共にいたいと願っておられる。
ですから神さまと共にいること自体が最も素晴らしいことであるはずです。別に多くの言葉をかわす必要もない、どのような形であったとしても、何よりも大切なのは、愛する神さまと共にいることを味わうことです。
言いたいことだけを一方的に伝えガッチャと受話器を置く代わりに「アーメン!」と唱え、祈りを切り上げてしまう私たちです。
 でも、今日、明日または今週の土曜日でも、誰からも邪魔をされないようなゆったりと流れる時間の中、神さまと共にいる恵みを味わってみたいと思いませんか?

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘