松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

神さまのご計画

「わたしを母の胎から取り出し、その乳房にゆだねてくださったのはあなたです。母がわたしをみごもったときから、わたしはあなたにすがってきました。
母の胎にあるときから、あなたはわたしの神。」(詩編22:10−11)

 私たちの悩みの1つは、自分の意思で選んだのではない条件で生きていかなければならない、ということにあるかと思います。
 私の父親は小さな洋品店を経営していました。子どもの頃、何度も、何で自分の家は洋品店なのだろう、と考えたことがありました。
友だちの家が羨ましくてしょうがない経験をしました。
 私の着る服は、子どもが着るような色柄の服ではないのですね。
父の業界では「ローズ物」と呼んでいましたが、お店に陳列し、売れ残って、日に焼けて色が代わってしまったような物、つまり売り物にならない物を「ローズ物」というのですが、私が着る服と言うのは、全部がローズ物なのです。
 母親は裁縫が上手でしたので、大人物のズボンでも服でも、子どもの私のサイズに直すことが出来ます。
 父は「雅弘、こいつは、いい品物なんだ」と言ってあてがわれる服は、おじさん臭い色、おじさん臭い柄、おじさん臭い生地なんですね。それが嫌で嫌でしょうがありませんでした。

 好き好んで洋品屋を営む両親の許に生まれてきたのではありません。でも、ある意味で私たちは初めからある種の条件のもとに生活を始めなければならないのです。
そして、しばしばそうしたことが、私にとっての悩みの種になることが多くあると思うのです。
 そうした私がクリスチャンになった時、今日の聖句に出会ったのです。
 その結果、少しずつですが、この両親のもとに生まれた背後に、実は神さまのご計画があったことを知らされました。そして次第に、自分を苦しめた「条件」と向き合う力をいただき始めたように思います。
 あなたはいかがですか?

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘