松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

慈しみ深いイエスさまの目に映る、尊いあなた

「イエスは彼を見つめ、慈しんで言われた。『あなたに欠けているものが一つある。』」(マルコ10:21)
 
 ある日、1人の若者がイエスさまのところにやってきました。若くて裕福な議員です。周囲の人々はこの若者を称賛していました。お金があり、若さもあり、知恵に長け、地位もありました。
将来も保障されていました。周りの人々は彼を羨望の目をもって見ていたことだと思います。でも、そこに全くちがった目で、その若者を見ている人がいました。イエスさまです!
 本当に大切なことは、他人の目、世間の目にあなたの姿がどう映っているかではなく、永遠の神であるイエスさまの目にどう映っているか、なのです。

 ところで、旧約聖書に登場するヨブは、突然の禍に遭って、身ぐるみはがれるような経験をしました。そして「わたしは裸で母の胎を出た。裸でそこに帰ろう」と語っています。
 もしかしたら今あなたは職場の異動、突然の病や不慮の出来事などに遭遇し、ヨブのように「自分は裸同然だ」と落胆しているかもしれません。
今まで自分を支えていたもの、確かだったもの、本当に大事だと思っていたものが、果たしてそうなのだろうか、と問われているように思います。

 でも今あなたは、誰の目に映っている自分を見ようとしているでしょうか? 少し視点を変えてみてはいかがでしょう!
 本当に価値あるものは持ち物でも地位や肩書でもありません。慈しみ深いイエスさまの目に映っている、愛するあなたご自身なのです。この若者に欠けていたものは、このことだったのです。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘