松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

あなたはわたしに従いなさい

「ペトロは彼を見て、『主よ、この人はどうなるのでしょうか』と言った。イエスは言われた。『わたしの来るときまで彼が生きていることを、わたしが望んだとしても、あなたに何の関係があるか。あなたはわたしに従いなさい。』」
(ヨハネ21:21−22)

 1つの問題が解決すると、また次なる心配を見つけてしまう。そのようにして、いつもいつも、心配だらけになってしまうことがよくあります。実は、再献身をした直後のペトロも同じ経験をしました。
 もう赦していただき、イエスさまとの関係も回復させていただいたのですから、その恵みを喜び、感謝していればよいのに、さっそく心の隙間に誘惑の手が伸びたのです。
ふと振り向くと、そこに「イエスの愛しておられた弟子」の姿が目に飛び込んできました。同僚ヨハネです。彼のことは前々から気になる存在でしたが、今また気になってしまったのです。
 こういうことは、よく経験しますね。相手が羨ましくなる。何か恵まれているようで、気になってしょうがない。〈何で私だけが・・〉と思ってしまう。
 勿論、ヨハネはヨハネの使命や苦労がありました。主の母マリアの世話を託されたのはヨハネでしたし、他にも責任がありました。でもペトロからすれば、
〈なぜ、あんな怒りっぽい雷の子にお母様を任せるのか。もっとふさわしい人がここに居るではないか〉と怒りにも似た不満を抱いたのではないかと思います。
 でもこれに対しイエスさまは言われました。「ヨハネにはヨハネの十字架があるように、あなたにはあなたの負うべき十字架がある。それを担って使命を全うして生きて欲しい」と。
 ペトロにはイエスさまが用意された負うべき十字架がありました。同様にあなたが負うべき十字架があるのです。「それを引き受けて歩んでいきなさい、私はあなたと共にいるから」と主は招いておられるのですね。主の祝福を祈ります。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘