松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

あなたの生活の中心は?

「ノアは主のために祭壇を築いた。そしてすべての清い家畜と清い鳥のうちから取り、焼き尽くす献げ物として祭壇の上にささげた。」
(創世記8:20)

 創世記は、大洪水の後、箱舟から出たノアが最初にしたことが、礼拝のために祭壇を築くことであったことを伝えています。
 少し考えてみたいと思いますが、この時のノアとその家族は、ある意味で危機的な状況に置かれていました。
それは箱舟から出たノアとその家族を待ち受ける世界はエデンの園のように整えられた世界ではなく、大洪水の爪あとを深く残す世界だったからです。
 後片付けから始まり、やるべきことはたくさんあったと思います。
そうした中で、ノアとその家族が直面していた課題を一言で表すとするならば、「信仰を優先すべきか、それとも生活や仕事を優先すべきか」ということだったと思います。
つまり、信仰を持つ者としての優先順位が問題です。

 こうした中でノアは何を優先したのでしょうか。彼は、何を置いても、まず初めに、神さまを礼拝するところから始めていったということです。
 ノアとその家族にとって、大洪水後の生活の再建は簡単ではなかったと思われます。やるべきことがたくさんありました。
洪水の後片付け、衣食住の確保、動物の世話・・。いずれにしても、猫の手を借りたいほどの忙しさが彼らを待ち受けていました。
しかし山積した問題と取り組む前に、まずノアがしたこと。それは、神さまを礼拝したことでした。
 ノアは生活の中心に祭壇を築き、神礼拝を中心とした中で、生活の再建にとりかかろうとしたのです。
 神礼拝を中心としたことは、神さまを中心としたということです。
礼拝を中心に位置づけるということは、自分が神さまになるのではなく、真の神さまを神さまにするという主体的な選びなのです。
 現在のあなたの生活の中心はどこにありますか?少し考えてみましょう。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘