松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

心の貧しい人は幸い?

「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。」(マタイ5:3)

 ある時イエスさまはおっしゃいました。ガリラヤ湖畔の丘の上に人々を導き「幸いである! 心の貧しい人々は! 天の国はその人たちのものです!」と語り始めました。ここで「貧しさ」とは「心の貧しさ」であると言われています。
自分がいかに心貧しい者であるかを深く知らされる時、私にとって、救い主がどれほど必要であるかが初めて分かるようになります。

 またある時、「財産のある者が神の国に入るのは、なんと難しいことか。金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい」と語られました。
 それは、その直前に、自分の持ち物と仕事を第一優先にして歩む裕福な青年に出会っておられたからです。
彼にとっては仕事が全て、お金が全てで、そこに最高の価値を置き、イエスさまに従うことは二の次でしたから、結局、イエスさまに従うことができませんでした。

 ところがどうでしょう。同じように金持ちであったザアカイという人とイエスさまは出会っておられます。2人とも、人生のある時点まで、そのことに価値を置いていたので、お金持ちになったわけです。

 では2人の一番の違いは何でしょう? それは「心の貧しさ」にありました。
 ザアカイは徴税人という仕事柄、「罪人」扱いされていました。人がうらやむほどの豊かさがあった反面、心の深いところで飢え渇きを経験していました。お金で満たそうとしても満たされない心の渇きがありました。
ザアカイは、その「心の貧しさ」ゆえに、その貧しさを、悲しみを、飢え渇きを、本当の意味で癒してくださるイエスさまに出会うことができたのです。

 あなたは飢え渇いていませんか? その飢え渇きをもってイエスさまに近づけるからこそ幸せなのですね。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘