松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

幸せな歳のとり方

「白髪は輝く冠、神に従う道に見いだされる」(箴言16:31)

 先日、ある姉妹から「先生、白髪増えましたね」としみじみと言われました。
 駆け出しの牧師の頃、白髪を見つけると喜んだものです。若造で駆け出しの私は人生の先輩方の心の琴線に触れるようなにお話ができなかったのでせめて髪の毛でもと思ったからです。
でも、いつの間にか歳はとるし白髪も増えるものですね。

 歳をとると力が衰えます。人のお世話になることも多くなり、生きがいや心の平安を見失うことも起こります。でも聖書は、そうした中でも「白髪は輝く冠」のような生き方があることを教えています。
 それは、必要なものを自分で獲得し、ため込んできたもので生きていく生き方ではなく、必要なものや足りないものを、まず神さまに祈り求めるという生き方です。

 レストランに行くと水が出されますね。その水を飲むと、レストランの人が来て綺麗な水を注いでくれます。また飲み干すとまた注いでくれる。必要なものを神さまに祈り求めるとは、こういうことではないかと、ある先生は話しておられました。
 空っぽになって「何もありません」と言うと、神さまは恵みの水を注いでくださいます。 ですから、神さまに求める。言い換えれば、祈ることです。祈ることでしたら、どこででも、横になっていてもできることです。
 そして、もう1つ。聖書の言葉を少しずつでも読むことです。聖書の言葉で心のコップが満たされるためです。そこには次のような恵みの循環が始まります。

 《神さまが生きがいを与えてくださる》 → 《生き生きとしてくる》 → 《心に満足と平安が満ちてくる》 → 《人が周りに集まってくる、またイエスさまも一緒なので淋しくない》

 聖書が説く「白髪や輝く冠、神に従う道に見いだされる」というのはこういう生き方です。ぜひ、神に従う道にとどまり、輝く歳のとり方をしていきましょう。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘