松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

目標めざして

「兄弟たち、わたし自身は既に捕えたとは思っていません。なすべきことはただ1つ、後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、神がキリスト・イエスによって上へ召して、
お与えになる賞を得るために、目標を目指してひたすら走ることです。」(フィリピ3:13−14)

以前 D.W.F.ワング著、『最後まで走り抜け―聖書登場人物13人に学ぶ意義ある人生の各章を締めくくる鍵』という本を読みました。
この本には、信仰生活を最後まで全うすることが、それを始めることに比べて難しい、ということが語られ、最後まで走り抜くための教えが聖書から導き出されていました。
その一部を、次にご紹介したいと思います。

 「中国のことわざに、『木を植える最良の時は、20年前であった。次の最良の時は、今である』とあります。過去に立派に終えたかどうかにかかわらず、最後まで走り抜くために、私たちはいつでも今始めることができます。
最後まで走り抜くことを願って始めるのです。マルチン・ルターは、まったき永遠の中で重要なのは、この日と、かの日のほんの2日だけであると教えています。
かの日に、神の御前にどのように現れたいのかをいったん決断するならば、この日にどのように生きるかも私たちは決断することになります。最後まで走り抜くことは、将来に考えることではなく、現在執着すべきことなのです。」
 確かにパウロも、将来、神さまの御前に立つときに、どのような姿で立ちたいかを心に描き、そのような姿で立つために、今、すべきことを祈りつつ選び取る生き方をしていました。そのことを記したのが今日の聖句です。
「神がキリスト・イエスによって上へ召して、お与えになる賞を得るために・・・」、確かに、ゴールが定まらなければ、その歩みは単なる迷走ですね。

 今日のあなたの歩みは、どちらの方向に向かって進んでいますか?

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘