松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

子どもたちを主の御許へ

「子どもたちをわたしのところに来させなさい。」(マルコ10:14)

 みどり幼稚園は、教会の付属幼稚園として、1949年に大和市最初の幼稚園として始まりました。以来、多くの子どもたちの健やかな成長を祈り求めてきました。
 イエスさまは「子どもたちをわたしのところに来させなさい」と言われます。イエスさまの許に導かれることにより、子どもたちに素晴らしい出来事が起こるのです。

 第1は、「信じることのできる子」へと導かれます。目に見えないものを信じるということは、希望を持つことに通じます。
 第2に、「人を愛する心を持つ子」へと導かれます。人を愛するということは、人を大事にすることです。
ゆっくりとした時間の流れの中で、子どもたち同士、保育者、そして地域のお年よりの方々をはじめ、様々な人々と触れ合う中、ちがいを認め合い、互いを大切にする心が育てられていくことを願っています。
 そのためには、まず自分自身が大事な存在であることを見つけることから始まるでしょう。神さまからそのままの姿で大切にされている自分を発見し、そしてまた自分とちがう友だちを大切に出来る子へと成長することを期待しています。
 第3に、「自然を愛し、心も体も健やかに生きる子」へと成長することでしょう。幸いにもみどり幼稚園には四季を身近に感じることのできる園庭があります。自然にふれあい、元気いっぱい、体を動かし、健やかに生きることを願っております。

 ところで「高座みどり幼稚園ミッションステートメント」、ご存知ですか?

「高座みどり幼稚園は、キリスト教の人間観にもとづき、子どもたちの全人的な成長を祈り求め、総合的な幼児教育を展開するコミュニティー幼稚園をめざします」

 2015年4月から幼保連携型認定こども園として歩みを始めています。明日は卒園式です。今は新型コロナウイルスの影響で通常通りの保育はできませんが、子どもたちのために、また子どもたちを主の許へと導く尊い務めを託された働き人たちのために、今日も覚えて祈ってくださいね。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘