松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

神の国の市民として生活を送りなさい

「ひたすらキリストの福音にふさわしい生活を送りなさい。」(フィリピ1:27)

 パウロは、フィリピ教会の兄弟姉妹に、キリストの福音にふさわしい生活を送りなさいと勧めました。
「生活を送りなさい」とは「都市(ポリス)」を意味する「ポリティウエッセ」というギリシャ語です。つまり「ポリスの市民として生活しなさい」という意味です。
 当時、フィリピを含め地中海世界はローマ帝国の支配する世界でした。ある町がローマの植民地になると、ローマ人によってその町の装いが完全に造り変えられたと言われています。
港から都市に大通りを敷き、円柱をたて、「アゴラ」と呼ばれる広場を作り、水道を敷き、「すべての町はローマに通ず」と言われるほどの道路整備を行いました。
さらに退役軍人には植民地に土地が与えられ、その結果、「小さなローマ」が世界中のいたるところに出来上がったわけです。政治や文化や価値観の面でもローマが支配していきました。
これが「ポリスの市民としての生活を送る」ことの意味です。
 ローマの市民がある土地に住み着くと、そこがローマ化していきました。同様に神の国の市民として、たとえどこに住んだとしても、そこで「神の国の市民風の生活」をしなさいと勧められているのです。
そうして神の国があなたの家庭や職場、友達の間で、地域社会において、ちょうどローマの植民地が広がるように、私たちの内外にイエスさまを王とする神の国が広がるように。
神の国の価値観である愛が広がるように。そして天に国籍のある者として、その神の国の市民としの善き影響を地上に溢れさせて生きていきなさい、と勧めているのです。
今日、それぞれの場へと派遣されていきます。あなたが遣わされる場で「ひたすらキリストの福音にふさわしい生活を送りなさい」との御言葉が意味することを考えながら過ごすことが出来ますように。

いってらっしゃい。

牧師 松本雅弘