松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

いってらっしゃい

「今、行きなさい。わたしはあなたをファラオのもとに遣わす」(出エジプト3:10)

 昨日の礼拝で、洗礼入会式が行われ、新たに9名の神の家族が与えられました。そして、いつもと同じように、礼拝の終わりに、「派遣の言葉」を読み上げました。
 こんな言葉です。
「平和のうちに世界へと出て行きなさい。
勇気をもちなさい。いつも善を行うよう努めなさい。悪をもって悪に報いてはなりません。気落ちしている者たちを励ましなさい。弱い者たちを支え、苦しんでいる者を助けなさい。
すべての人を敬いなさい。主を愛し、主に仕え、聖霊の力によって喜びなさい。」
(カンバーランド長老キリスト教会礼拝書、『神の民の礼拝』より)

 ちょうど飛行を終えた機体がオーバーホールしに戻ってくるように、1週間の生活を終えた私たちも、癒しと回復を求めて主の御許に帰ってきます。
そして神さまにオーバーホールをしていただき、新しくされ、再び1週間の生活へと派遣されていく。これが主の日の礼拝です。
 毎週の礼拝で、私は心を込めて「派遣の言葉」を読み上げ、祝祷を捧げます。その後も会衆は立ったまま後奏のうちに黙祷をしています。その間、私は一足先に退堂し、出口に急ぎます。教会の兄弟姉妹を送りだすためです。
今はコロナ禍で握手することはできませんが、それでも悩みを打ち明け祈りを求める人、笑顔で挨拶を交わす人、静かに出て行く人、派遣のされ方は人さまざまです。私は、そうしたお一人おひとりに祈り、心で「いってらっしゃい」と声をかけます。
今日も、神さまが祝福をもって、あなたを、派遣してくださっていることを覚えていただきたいと思います。それだけではありません。主もあなたと共にいてくださるのです。
とくに、新しく信仰生活をスタートした方たちが、いつもこの恵みの中を健やかに歩まれますようにと祈ります。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘