松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

神さまにほめていただくところから始める

「わたしはあらゆるものを受けており、豊かになっています。そちらからの贈り物をエパフロディトから受け取って満ち足りています。それは香ばしい香りであり、神が喜んで受けてくださるいけにえです。」
(フィリピ4:18)

 あるキリスト教幼稚園の園長が講演をしてくださったのですが、講演の中で、急に小さな声で、「皆さん、子どもをほめることができるようになる、取って置きの秘策を伝授しましょうか」と言ったのです。
「内緒ですが・・・。ご主人に、『トキドキデイイカラ、ワタシノコトヲホメテネ!』と頼みなさい。
『綺麗だ』とか『可愛い』が無理なら、『漬物がうまい』とか、『いざとなると片づけが早い』とか、何でもいいから・・・。」 
その講師は、「人は、ほめてもらうと、ほめることができる。人からほめてもらえないと、その人はほめることができないのです。」と結んでいました。
私も、〈本当にそうだな〉と思いました。私たちはなかなかほめることができません。このことは信仰生活にも当てはまるように思います。
まず、「味わう」、「恵みを受ける」、「恵みを数える」、あるいは園長の言葉を借りるならば、「まず神さまにほめていただく」ところから始まります。
そして、その恵みに対する感謝の応答として、神と隣人に対する具体的な愛の奉仕の業が生まれてくるように思います。
そして、今日の聖句を見るとき、それが祝福への道であると、フィリピの信徒への手紙の中でパウロは説いています。
今日もまず神さまにほめていただくことから始めてみましょう。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘