松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

影との戦い

「あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか。」 (マタイ7:3)

 ファンタジーの傑作『ゲド戦記−影との戦い』をお読みになったことがありますか。実は、私はこの作品を牧師になってから読みました。
子ども向けに書かれたものですが、大人の私でも読み応えのある内容で、精神的自立を扱った内容のように思えたのです。
よく精神的自立を考える時、問題になるのが、「自立して私たちは何になりたいか、誰でありたいか」ということでしょう。
誰しも人は、様々な障害を乗り越え自分自身を実現したいという願いを持っている、と言われます。
そうした「実現への望み」が強ければ強いほど、その願いが、かなわないのではないかと大きな不安を抱くものです。
そうした不安を抱えながら周囲を見回すと、自分と同じ願いを持っている人々を発見し、いつの間にか他人との競争の中に立たされている自分を発見するのです。
〈いい学校に入りたい〉、〈多くの収入を手に入れたい〉、〈いい暮らしをしたい〉等々。そして「願い」の頭に必ずと「人と比べて」という条件が付きます。
その結果、共に協力しながら生きていくべき周囲の人々を「競争相手」や「敵」と見てしまい、相手に対する憎しみという「暗い影」が私たちの心の中に芽生えてくることに驚くのです。
これは誰しも経験していることだと思います。
「影」も本来、私が抱え持つ弱さや欠点のようなもので、私の一部なのですが、自分としては受け入れがたく、
こうした「影」とどう折り合いをつけるのかが、人として成長していく上で非常に深い意味があることなのだということを、『ゲド戦記−影との戦い』は取り扱っているように思います。
今日の聖句は正にイエスがこのテーマについて触れている貴重な御言葉なのではないでしょうか。今日時間を取り、この聖句を思い巡らすことをお勧めします。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘