松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

神のものは神に

「さて、人々は、イエスの言葉じりをとらえて陥れようとして、ファリサイ派やヘロデ派の人を数人イエスのところに遣わした。」(マルコ12:13)

 受難週の出来事です。主イエスを陥れるためにファリサイ派やヘロデ派の人々がやってきました。
普段は意見の対立が原因で、互いにいがみ合い、喧嘩ばかりしていたはずの双方の者たちが、この時は、仲良く一緒にやって来た。それは、イエスさまを陥れるという目的で利害が一致したからでした。
当時のユダヤの頭脳が考えに考えた末に思いついた難しい質問を携え、主イエスのもとにやってきたのです。
そうした「一流」の彼らが集まって、「イエス」という一人の男を殺そうとして知恵を結集したのですが、主イエスの方も負けてはいません。
彼らよりはるかに勝る神の子としての知恵をもって、逆に彼らの罪を指摘されたのでした。
確かに、ファリサイ派やヘロデ派の人々は主イエスを十字架につけようとたくらみました。それに対し主イエスは一つ一つの巧みな罠をいとも鮮やかにくぐり抜けるのです。
ところが、弟子たちと過ごした最後の晩餐、続くゲッセマネの祈りを経たあと、今度は、主イエスの方から十字架の道を選び取っていかれる。
十字架は、結果として起こった出来事ではなく、神の御旨として計画されたことであるのです。
ところで、この場面で主イエスは人々に向かって、「ローマ皇帝の肖像が刻まれていたコインを皇帝に返せ」と語られました。
そうです。「神のかたち」に造られ、神に刻印されているあなたを、本当の意味で神さまのもの(所有)とするために主イエスは十字架にかかられたのです。
あなたは、主イエスの十字架の代価をもって買い取られ、神の子とされています。
この受難週、もう一度、主イエスの尊い犠牲によってもたらされている恵みの現実に、心から感謝する時を持たせていただこうではありませんか。

 いってらっしゃい。

 牧師 松本雅弘