松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

「私に」ではなく「私たちに」と導くイエスさま

「私たちに日ごとの糧を今日お与えてください。」(マタイ6:11)
 イエスさまは、「私たちに日ごとの糧を今日お与えてください。」と祈るように教えてくださいました。 ところで、今はどこの家庭にも冷蔵庫を開けますと、何がしかの食べ物があります。ですから、正直言って、「私たちに日ごとの糧を今日お与えてください。」という祈りは、時代と共に切実さが薄れてきているとも言えるかもしれません。 では、私たちは、どのような思いをもって、主イエスが教える、この祈りを捧げるべきなのでしょうか。実は、この問いを解く鍵が次の御言葉にあるように思います。 「私は二つのことをあなたに願います。私が死ぬまで、それらを拒まないでください。空しいものや偽りの言葉を私から遠ざけ、貧しくもせず、富ませもせず、私にふさわしい食物で私を養ってください。私が満ち足り、あなたを否んで、『主とは何者か』と言わないために。貧しさのゆえに盗み、神の名を汚さないために。」(箴言30:7−9)  ここで箴言の著者は、「私にふさわしい食物で私を養ってください」と告白しています。つまり、この告白の背景に、「私たちの生活にとってなくてはならない必要最低限のものまで、自分の力ではどうにもならず、ただ神さまによって与えられなければならない」という神さまへの信仰の告白があるということです。  そしてもう一つ、「私に」ではなく「私たちに」と祈るようにと教えられています。この世界では今もなお多くの人が飢えに苦しんでいます。その人たちと共に「私たちに」と祈る時、そのように祈る私自身に、神さまは何か具体的な導きをくださるかもしれません。  そのようなことを考えながら、今日も主イエスさまが教えてくださった祈りを唱えつつ、歩んでいきたいと願います。
 いってらっしゃい。
 牧師 松本雅弘
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1