松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

あなたにとって祈りとは?

「霊もまた同じように、弱い私たちを助けてくださいます。私たちはどう祈るべきかを知りませんが、霊自らが、言葉に表せない呻きをもって執り成してくださるからです。」(ローマ8:26)
 祈りとは何でしょう。リンカーというOMFの宣教師は、「祈りとは神さまとの会話である」と定義しました。スポルジョンは、「祈りは全能者の筋肉を動かす神経である」と定義しました。 では、あなたにとって祈りとは何でしょうか?今まで祈りについてどんな経験をしてこられましたか? 祈りということでいつも思い出すのは、神学校の面接の時のことです。 神学校の教師全員が集まっての面接でした。教師一人ひとりが自己紹介をしてくださり、聖書原語の教師であられた田辺滋先生の番になった時、先生は、「祈って、お待ちしておりました」と話されたのです。 「田辺滋」と言えば、当時、神学生でしたら誰もが使うギリシャ語文法書を翻訳された先生です。その先生の口から、「祈って、お待ちしておりました」と声を掛けられ、大変恐縮したのと共に、嬉しい気持ちでいっぱいになったことを今でも覚えています。 大学を卒業し就職はしたものの、間もなくして神学校を訪ね名前と住所を残してきました。それを手掛かりに「松本雅弘という若者の献身の思いが全うされるように」と、ずっと祈っておられたそうです。その後、二年してようやく受験にまで漕ぎつけたのですが、その間、何度か、止めようという思いが起こったこともありました。でも、こうした先生方の祈りによって支えられたのだ、と改めて知らされる貴重な経験となりました。 祈りの大切さ、言い換えれば神さまは必ず祈りを聴かれるということ、それ故に根気強く祈ることの大切さを教えられる出来事となったことです。 あなたにとって祈りとは何でしょうか。今まで祈りについてどんな経験をしてこられましたか?
いってらっしゃい。 牧師 松本雅弘
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1