松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

恐れるな。語り続けよ

「ある夜のこと、主は幻の中でパウロにこう言われた。『恐れるな。語り続けよ。黙っているな。私はあなたと共にいる。だから、あなたを襲って危害を加える者はない。この町には、私の民が大勢いるからだ。』パウロは一年六か月の間ここにとどまって、人々の間で神の言葉を教えた。」(使徒18:9−11)
 パウロは、コリントに来る直前、アテネで伝道しました。ところが、思うような成果が得られず、肩を落とすようにコリントに向かったのです。 でも、そうした中で、主はパウロに幻を示されました。それが今日の聖句です。 その結果、彼は励まされ、一年六か月にわたりコリントの町に腰を据えて伝道活動に打ち込むことになります。ここに出てくる「この町には、私の民が大勢いるからだ」という言葉は、私たちにも与えられている約束なのではないでしょうか。 あのペンテコステの日の出来事のように、「福音の言葉」という神の民の共通語を語る時、その町にいる人々の中の「私の民」が呼び集められるのです。 コロナ禍で、以前のような伝道の働きが困難な状況が続いています。でもアウグスチヌスが「人は神に向けて造られており、人の心は神に憩うまでは安らぎがない」と語り、パスカルが「人の心は神によってしか満たされない空洞が空いていて、神以外の何ものをもってしてもそれを満たすことができない。神によってその空洞が満たされる時、人は生きる」と言うように、人間であれば誰もが神のかたちに似せて造られています。だから必ず、その人の心の深みに神を求める渇きがあるはずなのです。この渇きこそが、福音宣教の可能性を示しているのではないでしょうか。 「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。私はあなたと共にいる。…この町には、私の民が大勢いるからだ」とパウロの語られた御言葉を私たちも信じて、今日も主イエスを証ししていきたいと思います。
いってらっしゃい。 牧師 松本雅弘
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1