松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

神の恵みによって、今の私がある

「神の恵みによって、今の私があるのです。そして、私に与えられた神の恵みは無駄にならず、私は他の使徒たちの誰よりも多く働きました。しかし、働いたのは、私ではなく、私と共にある神の恵みなのです。」(Ⅰコリント15:10)
 今日の聖句は、パウロの真実な告白です。こう語るパウロは直前で、「私は、神の教会を迫害したのですから、使徒たちの中では最も小さな者であり、使徒と呼ばれる値打ちのない者です」(9節)と語り、キリストに出会う以前の自分のことを、そのように証ししています。  よく「過去と他人は変えることはできない」と言われます。でも、今日の御言葉は、変えがたいと思われる過去の出来事、そのところにも主イエス・キリストが共におられたことを教えているように思います。 過去の出来事を思い出すたびに、そして、自分が信じ仕えている神さまのことを知れば知るほど、以前、パウロ自身が、神の教会を迫害したという事実が、どれだけ大きな罪であり、今現在、自分が心の底から愛し仕えている神さまを傷つける行為であったかを、深く知らされていたのが、この時のパウロだったのです。 御子イエスさまの血をもって贖われたほどに大切な教会を、自分は必死になって迫害していたわけですから…。隠れる穴があったら入ってしまいたいと思ったことでしょう。そのような過去の罪、自分自身の弱さや小ささを思えば思うほど、本当に情けなくなったでしょうし、また消えてしまいたいと思う誘惑に襲われることもあったでしょう。  しかし祈りの中で、「にもかかわらず」の無条件の愛で愛してくださる神に出会っていったのです。過去を変えることはできません。でも神の赦しの愛の中、その受けとめ方が変えられていく。そしてあなたもパウロと共に「神の恵みによって今の私がある」と心から告白する恵みにあずかることが出来るのです。
いってらっしゃい。 牧師 松本雅弘
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1