松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

人生は出会いで決まる

「イエスは彼に言われた。『今日、救いがこの家を訪れた。』」(ルカ19:9)
 エリコという町にザアカイという徴税人がいました。彼は生まれながらに背が低く、それがコンプレックスとなっていました。 〈いつかみんなを見返してやる!〉。そうした彼が選んだ仕事は「徴税人」でした。 ザアカイは一生懸命働きました。心の中にあった憎しみや恨みがバネになり、みるみる出世し、いつの間にか、幾人かの徴税人をまとめる管理職になりました。財産も増えました。ローマの権力がバックにあったので、以前、自分を馬鹿にした人も彼の言うことをよく聞くようになりました。 ところが、出世し成功すればするほど、彼の周囲から友だちが去って行きました。彼はほんとうに孤独でした。しかし、そうしたザアカイに会いに、わざわざエリコに来られたのがイエスさまだったのです。イエスさまはザアカイの家に行き、食事を共にされました。 その結果、ザアカイの人生は180度変えられたのです。奪う生き方から与え分かち合う生き方へ、競い合う生き方から共に生きるザアカイとなりました。 大切なことは何でしょう?それは、イエスさまとの関係です。イエスさまに愛され、罪赦され、癒される時、不思議とザアカイは、その恵みを受けた者として、今度は彼の方から「小さなキリスト」として、周りの方々にお仕えしていく道に導かれていったのです。 イエスさまは言われました。「見よ、私は戸口に立って扉を叩いている。もし誰かが、私の声を聞いて扉を開くならば、私は中に入って、その人と共に食事をし、彼もまた私と共に食事をするであろう。」(ヨハネ黙示録3:20) これはまさにザアカイが経験したことです。これが始まりです。まずイエスさまを心の中にお迎えするところ、ここにいつも立ち返っていきたいものです。ここから全てがスタートするからです。
 いってらっしゃい。
 牧師 松本雅弘
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1