松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

誰がいちばん偉い人?

「弟子たちの間で、自分たちのうち誰がいちばん偉いかという議論が起きた。イエスは彼らの心の内を見抜き、一人の子どもを引き寄せ、ご自分のそばに立たせて、言われた。『私の名のために、この子どもを受け入れる者は、私を受け入れるのである。私を受け入れる者は、私をお遣わしになった方を受け入れるのである。あなたがた皆の中でいちばん小さい者こそ偉いのである。』」(ルカ9:46−48)
 「誰がいちばん偉いか」と問う者の関心は、神さまではなく「自分」にあることは確かでしょう。私たちは、何をするにも、最後までつきまとうのが、この「自分」ということです。私たちは、ここから、なかなか離れることができません。  会社の中においても、消費者のために汗を流すとか、会社に貢献する以前に、誰が出世するかが大きな問題となります。 自分の賜物は何で、それをどのように生かして行けるかではなく、自分の成績がクラスで何番であるのかが大きな問題となります。そして悲しいかな、今日の聖句は、教会でも「誰が一番偉いか」、「誰が教会のことをよく分かっているか」、「誰が聖書のことがよく分かっているか」と競争が起こりかねないということです。 さて、弟子たちの間の、こうした混乱を収拾するために、主は、幼子を連れて来られ、傍らに立たせて言われました。 「私の名のために、この子どもを受け入れる者は、私を受け入れるのである。私を受け入れる者は、私をお遣わしになった方を受け入れるのである。あなたがた皆の中でいちばん小さい者こそ偉いのである。」  主イエスが求めておられることは、互いの比べ合いで何か秀でることではなく、むしろ「最も小さい者を受け入れることだ」と。つまり、この世の偉さの基準と神の国における偉さの基準は逆転しているということです。  あなたはどちらの基準で生きていますか?どちらの基準で生きていきますか?
 いってらっしゃい。  牧師 松本雅弘
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1